スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れられた花園 攻略 - 敵紹介

8人ID<忘れられた花園>の攻略です
本記事では主に敵の対策や傾向を記していきます

名誉獲得は一般及び中ボスモンスターが一律40
ボスが400となる。ボス戦で大砲を使う場合は名誉獲得が下がる点に注意
なお道中、ボスにおいて増援として現れる敵は名誉を持たない



道中一般モンスター

yuni.png花園のユニコーン

花園において最も弱い敵。攻撃が非常にもっさりで
かつリーチも短く倒しやすい
とはいえ8人ID用モンスターなのでダメージは高め


pega.png花園のペガサス

こちらを見つけると移動距離の長い突進をしてくる
通常は1Hitで済むが喰らい方が悪いと多段することもある
その攻撃方法から攻撃を当てにくくHPを削られがち
また浮遊モンスターの為、かなりしつこくこちらを追跡してくる
MAP内に散らばるようにいるので左右から挟まれないように注意


れt花園のカーバンクル

目に見えないビームを放ってくる
射程が長く発生もそこそこなので移動速度が遅いとひっかかりやすい
数を集めて倒す場合等は立ち位置を見誤ると複数に狙撃される
まとめて攻撃されると非常に危険なので射程に入らないように倒そう


pape.png花園のパペットナイト

間違いなく序盤の鬼門。浮遊モンスターかつ多段攻撃持ち
ペガサスと異なりその場で攻撃してくるタイプだが
攻撃力が高い上に動作硬直が短く、2体等にKBされると死ぬまで動けない
特に往路MAP5においてはMAP構成上非常に鬼畜
戦闘の際には孤立しないように集団で戦うこと


ska.png花園のスカルアーマー

帰路から登場する。単体攻撃力は高いが攻撃動作は遅い
単体だとあまり脅威とはならないが往路の敵に比べて硬い
コイツに限った話ではないが集めて倒す時は近づきすぎないように
集団に攻撃されるとHP20000程度は軽く飛んでしまいます


nol.png花園のノル

後半の危険因子。そこそこの攻撃速度と攻撃にスタンがついている
移動速度がそこそこあれば目の前を通過しても攻撃がからぶるのだが
20%そこそこの確率で付与されるスタンが非常に問題
ガードの上からでもスタンする上に、スタン中はポットによる回復が出来ない
スタン中にその他のモンスターにフルボッコされれば間違いなく即死
最悪1体の状況でもスタン→スタンと続いてやられてしまうことも

対策としては安全な立ち位置を確保して戦うこと
正面からコイツとやりあうのは些か運の要素も絡む
(ランダム増援が大量に出現すると攻撃が通らずスタン地獄の可能性あり)
安全を確保してからPT全員で戦うとよいでしょう


bnol.png花園の凶暴なノル

基本的には上記のノルと同様。ノルの上位種
ステータスが高い点とスタン確率がやや高い点が異なる

見た目が分かり難いが手に持った武器が鈍器なのが乱暴
肉を持っている個体が通常のノルである

対策も基本上記ノルと同様


ga.png花園のゴーストアーマー

強化型スカルアーマー。動作もルーチンも全く一緒
帰路のMAP3以外には出てこないので存在感が薄い

注意点はやはり集めて倒す際に近づきすぎないこと
また、MAP3は入った瞬間にゴーストアーマーが大量に配置されている
釣り役が入ってから暫くしてからMAPを切り替えましょう


BOSS
kel.pngケルベロス

3つの頭を持つ子犬?
実はケルベロスではなくドラゴンベイブリスが正称

ともかく攻撃力が高い。油断すると一瞬でやられてしまう
分散すればかなりダメージを軽減できるが一人で戦うと危険

強制KB効果のあるスキルや高威力スキルで普通にKBする
スタン等の状態異常も全て有効なので上手く活用しましょう
また、空中ブレス攻撃は予備動作が非常に長いのでその隙を狙うと吉

帰路のランダム増援で出現することがあるが他モンスターと絡むと危険
硬い上に痛いのでロスが大きい。一般的には倒さずに放置した方が無難
ただし、死亡者が出てしまい、合流する際に邪魔になる位置に出た場合
いつまでも合流できない可能性もあるので状況により排除を考慮した方がよい

個体数の少なさからカードが非常に希少なので蹴るなら確認すること
上下動作でターゲットが切れやすいので蹴りを狙う場合は浮かし自重






ボス攻略法

真・BOSS
~憤怒のデーモンロード~
dego.pngデゴス

忘れられた花園のボス。体力が低下すると変身する
図鑑カードに描かれる絵は第一形態だがステータスは第二形態のもの

第一形態

一般的に足がある状態を第一形態とする
図鑑に記載されないがHPは3000万程度

突進、剣攻撃、肩部闇ビーム
を使用

闇ビームのは範囲こそ広いが動作が遅いので攻撃チャンス

突進は多段攻撃のために他攻撃より圧倒的に痛い
前方足元にいる人は注意が必要。離れれば問題ない

HP43.5%程度からランダムで第二形態に移行する
速やかに変身させたいのであれば攻撃を中断すること
タゲを持つ人が距離を離すとデゴスは変身以外の行動を取らない

開幕で画面端に誘導すると後々の展開が楽になるので推奨


第二形態

画面の中央に上半身だけが魔方陣に埋まったまま出現
第一形態と異なり、移動動作は一切行わず位置固定ボスに変化
HPは約5700万で一形態目とは別扱い。勿論全回復状態で出現

斬り付け、溜め斬り、憤怒の炎壁、支配の泥を使用
HPが50%以下で眷属召喚を使用するようになる
また、絶えず一定確率でランダム位置にモンスターが召喚される

スタンや睡眠が有効なので活用できる職業がいると一気に難易度が下がる
また、常時安定してタゲ維持できる職や挑発等が行えると非常に有効

○斬り付け
攻撃範囲の長い攻撃。威力がそこそこに隙も短い通常攻撃
攻撃判定がやや特殊で前方に非常に強く後方は弱い
後方なら大体魔方陣の中心部分より少し離れた箇所にいれば当たらない
逆に前方だと魔方陣のかなり外まで攻撃が届いてしまう

体力に自信がないのであれば後方で剣が当たらない位置を維持しましょう
また根元を除き下方への攻撃判定が薄いのでしゃがみによる回避も可能

○溜め斬り
一瞬溜めた後に斬り付けてくる。通常のものに比べて威力が高め
強制KB判定がありデゴス側に相手を引き寄せる
使用頻度も多く攻撃時間の長いスキル等は潰されてしまいやすい

攻撃判定は通常と変わらないので後方からの攻撃が有効

○憤怒の炎壁
画面最上部に届くほどの巨大な炎の壁を2枚生成する
威力は低いが当たってしまうと強制で大きく吹き飛ばされる
攻撃範囲が非常に広く、見てからの回避は困難

喰らい方によっては孤立してしまうことも多く注意が必要
特にHP50%以下で大量のモンスターが召喚されるようになってからは危険

前動作で剣を高く振り上げ→剣を振り払うといったモーションがある
咄嗟に反応するのが難しいが慣れてくればある程度の対処も可能

剣を振り上げている最中にスタンさせると火壁の発生を止められる
CTが20秒程度あるので連続した使用はできない

○支配の泥
肩口から泥状の暗黒を上空に放出。その後、地面に向かって泥が落下する
デゴスの向いている方向にしか飛ばしてこない
また魔方陣の内側にいればこの攻撃が当たることはない

当たってしまうと混乱してしまい、運要素が絡むものの非常に危険

等間隔に攻撃判定が発生するので特定の座標にいれば当たらない
下図の赤線部の座標を参考にしてもらいたい
左側であれば317 - 467 - 617 辺りが当たらない位置となる
右側を向いているなら1580 - 1730 - 1880
ただし、スキルによっては攻撃判定が大きくなるものもあるので注意

SPSCF0000.png

どうしても避けられないのであればジャンプすれば混乱の追加効果はおきない

○眷属召喚
剣を高く振り上げた直後に以下のモンスターをランダムで大量に召喚
自動召喚と重複し、無制限に増援を呼ぶ

出現するモンスターは基本HP10万程度と脆い
また放っておいても時間経過で勝手に消滅する

召喚されるモンスターはデゴスを中心に画面分けした場合
右側に固まって召喚されやすい

△狂気じみたスカルアーマー(睡眠)
△狂気じみたゴーストアーマー(混乱)
△狂気じみたノル(沈黙)
△狂気じみた乱暴なノル(スタン)
△狂気じみたキュウキ(脆いが攻撃中に無敵判定あり)
△狂気じみたケルベロス(他に比べて耐久が2倍程度、火力高め)












以下にはシナリオクエストのネタバレを含みます。
閲覧したくない方は以下に進まないでください



シナリオクエストネタバレ

<NPC解説>

ケルベロスの中の人

ソレイユさん


ソレイユ

ベルパ図書館で行方不明になった魔法使いのエルフ。エルフ族では最高の魔法使い
得意とする魔術は風属性。他様々な魔術を行使できる
人間換算だと19歳だが人間で言うならおばあちゃんと取れる程度には長生き
かなり天然の入った性格で周囲の空気をぶち壊す程度の会話能力を持つ

無限回廊からの依頼で帝国軍の調査を行っている際
ベルパ図書館から遺物を盗んだ帝国軍を発見し追跡
黒幕であるデゴスの正体を突き詰めたものの
遺物の力を使って封印を破ろうとしたデゴスと一人で戦闘し敗北

敗北したソレイユはデゴスの精神支配で洗脳されかかるるが
最後の力で変身魔法を使用して難を逃れる
しかし、意識を失ってしまい本物のモンスターのように暴走していた

プラチナの浄化魔法で意識を取り戻したソレイユだったが
傷が深く歩くことすらままならぬ上、デゴスの力に浸食されていた為に
プラチナとともに治療に専念。デゴス討伐をプレイヤーに託すこととなる

余談であるが…花園の往路で出てくるユニコーンやパペットナイト等は
精霊世界に住むソレイユを慕うものたちである
消息不明になったソレイユを探して花園内に大挙した為
デゴスによってモンスターだと騙されたプレイヤー達にフルボッコされる
本シナリオにおいてある意味一番の被害者である





デゴスの中の人
degogo.png



デゴス

忘れられた花園の元領主。聡明な人物で民からの信頼も厚かった
妻や娘達を大事にし、愛する妻のために花園を作る等家族を愛していた
後に伝えられた伝承によると何時からか彼は歪んでいってしまった
結果、領民から反逆されて妻や娘を目の前でなぶり殺しにされたらしい

が、これらは過去の出来事であり、謂わば捏造、誤伝された可能性もあり
デゴスの言動を信じるのであれば領民、家臣が先に彼を裏切った可能性も

それを見た彼は人であることを捨てて激怒を司る魔王となってしまう
花園もまた姿を変え、魔界へ通ずる道となり世界を侵食し始める
魔王となったデゴスは領民をモンスターへと作り変えて侵略を進めていった

しかし、侵食を食い止める為にエルフと帝国軍が協力して立ち向かう
最終的に2つの遺物の力を以ってしてデゴスと花園を封印した

だが予想外の事態(イリス関連)を切欠に封印が綻んでしまった
外部に干渉する程度の力を再び得たデゴスは
精神支配により、帝国軍のピヨル3世を傀儡化して図書館から遺物を強奪

それによって封印された花園が解放されてしまう
解放されたデゴスは今度こそ地上を侵食しようと動き出した

得意とする魔術は精神支配。術にかかったものは完全に傀儡となる
作中でも帝国シールダー隊長こと
マクシミリアン・ハドンバール・ブラミディアス・ハロナク
・ドンデクマン・ダスベイナス・ピヨル3世
が操られている

支配を受けるとデゴスの闇の力に侵され、意識を取り戻しても精神にダメージを負う
長期に渡り侵食が進んだり、強烈な支配を受けた対象はモンスター化してしまう





68d8475au.png

プラチナ

今回のシナリオの功労者
青龍のお告げに従う自称スーパーホーリーナイト
様々な事態を把握しているが、その知識は基本的にどれも浅い
かなりのボケキャラだが、ソレイユがもっとボケており今回はツッコミに回った

並外れた直感能力を持ち、勘で行動すると大体成功する
今回のシナリオもソレイユを探している最中に闇の力を感知
とりあえず中に入ってみたら偶然ソレイユをみつけるとぶれない

魔法は行使できないがホーリーナイト特有の浄化能力を持つ
シナリオ内でも変身魔法を解呪したり、デゴスの幻惑を打ち消したりと活躍
(剣技についても鈍器のスキルを片手剣で使える程に優秀?マテ)

プレイヤーについて何か知っているようで今後のシナリオに絡む可能性が高い


スポンサーサイト

もっとぞくぞく村 攻略

もっとぞくぞく村 の攻略方法です。
もっとぞくぞく村とは!
リーグオブモンスターズの名誉をガッツリ稼げるID。一日制限15週(通称もずく村)
道中、ボス含め出現するモンスターは全て取得名誉4である
出現するモンスターは総じてターゲットが切れやすい為、
名誉稼ぎの場合は先行し過ぎないように行動すること。

道中のモンスターを倒すと一定確率で以下の対象がランダムで出現
①宝箱、②もっとドケビ×2、③もっとおきく×2
もっとドケビ、もっとおきくは出現モンスターの3倍程度硬いが
単体名誉が20と高い
宝箱は更に高い名誉を持ち、単価100である



出現モンスター
(絵については1枚90秒で殴り書きました。ご了承ください)
ニンジンジョウチャンninjin.pngもじゃもじゃnyan.png
鬼瓦権助gon.pngホビーギークhobii.png
紅おきくbeni.png付喪鬼神tubo.png


全体的に回避がある程度効くので適正である場合,体力に自信がない場合は
回避装備等も念頭に入れること。XP自体もそこそこ美味しい

特筆して危険度の高いモンスターは"もじゃもじゃ"
多段高威力の攻撃に加え、攻撃に逆送効果が付与されている

また、通常モンスターの5倍のHPと高攻撃力を持つ"付喪鬼神"
他のモンスターに比べ、命中が高く回避が働きにくい点に注意
中ボス的な役割を持つため個体数は少ない

他は攻撃力や範囲に差はあれどそこまで驚異的ではない
とはいえ、適正で乱戦になると流石に痛いので油断しないこと

BOSS:死神使者sinigami.png

攻撃方法は5種類

巨大手
地面から前方に巨大な手を召喚。所謂スタンダードな攻撃手段
隙は少ないが特筆するような攻撃力は持たない

スローポール
手を振り払う動作の後に背景に白いポールを召喚
直接ダメージはないがポールに近づくとスロー状態になってしまう
離れれば特に脅威ではないが邪魔

みえないもの
手を地面にかざす動作の後に見えない攻撃判定を射出する
ゆっくりと近づいてきて一定感覚毎に攻撃を加えてくる
消す手段はないので気づいたらHPが減っているという状況は避けたい

大量の手 
本体足元に巨大な円が出現。暫く後に大量の手が地面から伸びてくる
超威力多段。HPによっては即死Lvだが発動は遅い
スロー状態でもない限りは見てからどうにかなる
どうしても避けられない場合はガードよりジャンプで対応すること
打点が低いので上手く跳べば全段回避可能 

全体落雷
長いモーションの後に画面全域に雷を落とす。二段攻撃
二段目に当たると"もっとアドゥ"が召喚される。SP吸収が非常にきつい
ある程度ダメージを与えるとアドゥは自壊。名誉はもっていない
落雷はしゃがむことで回避可能。また、1,2段目の間に隙間があり
初段を食らってしまってもしゃがみおしっぱで2段目は回避可能
モーションが長いので逆にフルボッコのチャンス
スタンがあるならギリギリまで殴ってスタンさせれば落雷も潰れて一石二鳥


備考:鳳凰のバッジを取得する為の周回方法等
鳳凰のバッジ
特殊装備です。装備するだけで攻撃力の大小、属性値が上昇します
龍のバッジ等と同時に装備できるので凄まじく強力ですが入手し難いです
死神死者、付喪鬼神、宝箱からドロップする模様(付喪鬼神からは目視確認未だ出来ず)

名誉軽視で手早く回りたい場合の方へ。速度重視周回

MAP1 出現モンスター:ニンジンジョウチャン×25
ポータル解放条件:ニンジンジョウチャン×20討伐
ポイント:ポータルが上段なので下段を先に倒してから上段を回る

MAP2 出現モンスター:もじゃもじゃ×23、鬼瓦権助×7、付喪鬼神×1
ポータル解放条件:もじゃもじゃ×15、付喪鬼神×1討伐
ポイント:最上段は敵を取りこぼしやすいので放置してよい
     後半MAPにも言えるが鬼瓦権助は倒す必要なし

MAP3 出現モンスター:ホビーギーク×20、鬼瓦権助×7、付喪鬼神×1
ポータル解放条件:ホビーギーク×15、付喪鬼神×1討伐
ポイント:中段が広く、移動しての殲滅が面倒。入り口と下段のギークの討伐+
     中段の付喪鬼神討伐でポータルは解放される

MAP4 出現モンスター:紅おきく×17、鬼瓦権助×7、付喪鬼神×1
ポータル解放条件:紅おきく×17、付喪鬼神×1討伐
ポイント:配置的にほぼ全部倒さないと次に進めない
      大人しく下から倒していくとよい

ボス戦 ルーインの場合:
     普通に蹴ろうがちょっと変わった蹴り方をしようが変化なし
     面倒なので普通に蹴ってよい
     強くて倒せないよという方は下記の動画推奨
    ↓
    ttp://www.youtube.com/watch?v=Ppnu0VpVFF4&feature=youtu.be

    注!タゲ認識範囲が狭いので距離が離れてしまうと逆送してくれません

    他職の場合、危なければ前のMAPに逃げられます。無理せずに


片手剣と鈍器、それぞれの特徴

それぞれの長所と短所

片手剣

長所
初級スキルに取り回しのよいスキルが多く使いやすいスキルが多い
5次スキルが攻撃範囲、攻撃回数に秀でており、コロシアムで使いやすい
強攻撃のガードが非常に高性能で8人ID等で挑発と兼ねると強力

短所
高威力スキルが総じて当たり判定や突進判定に問題があり、使い難い
短時間でガッツリダメージを取れるスキルが少ない。突き詰めると器用貧乏


鈍器

長所
高威力のスキルが総じて癖がなく扱いやすく隙も少ない
分散係数が片手剣よりも高い
通常スキルのヒット回数が多い、ウガウガの仕様と相まって非常に強力

短所
上級マスタリがタゲ減少の為、装備を突き詰めると恩恵がなくなる
浮かしや吹き飛ばしといったスキルが多く、敵を散らかしてしまいやすい


総評

片手剣
総じて扱いやすい。分散の都合複数相手には火力不足に見えるが
5次が両方とも多段広域系なのでウガウガ発動中は多数を消し飛ばす能力もある
コロではルーンストライド等が非常に当てにくいので要注意
特有のガードを含み、どのような狩場でも安定するのがポイント
安定感は抜群であるが、爆発力が足りていない

鈍器
吹き飛ばしや浮かしが多く、使う局面をやや選ぶ性能
片手に比べるとやや扱い難い印象があるが慣れてくればそれほどでもない
高威力スキルが非常に使いやすく瞬間的に高ダメージが狙える
分散係数も高い為に成長すればするほど性能を実感できる
最終的に上級マスタリが完全産廃になるのがネック
   
   

ホーリーナイト攻撃スキル紹介 ②

ホーリーナイトの攻撃スキルを紹介します。今回は鈍器です
<動作は攻撃動作終了までの時間が短いものほど☆を少なく表示>

鈍器:基礎データ
最大タゲ数 - 初級3 中級以降4 5次系統6
分散係数 - 基本2.9 パワースラム3.0 5次系統は分散しない
(分散2.9での与ダメ。タゲ3までなら97%。タゲ4で72.5%)

<初級>

打狗棒法
基礎威力75×5 Lv上昇8×5 L1<415> L12<855>
CT3.0 動作☆☆☆

低威力の連打攻撃。攻撃回数が5回と多い
単発威力はお話にならないが総合威力は鈍器初級の中ではそこそこ
とはいえそのままでは戦力になるようなスキルではない

真価はウガウガとの相性にあり、攻撃回数、CTの都合非常に発動させやすい
最大タゲ数の3状態だと本スキルのみで15Hitする

攻撃時に前進しながらスキルを放ち、後方判定が薄いために
発動直前に重なっているような相手には当たらない点に注意



カオスインパクト
基礎威力180×2 Lv上昇13×2 L1<386> L12<672>
CT4.0 動作☆☆

初級鈍器スキルには2HITスキルが3種類ある
そのうち本スキルはCTの短さがウリ
射程が短く、硬直時間は他に比べて劇的に速い訳ではない

クリティカル時、1Hitごとに13%で1秒間スタン発動
頼りになりにくい数字ではあるが出ないよりはマシ
腐ってもスタン属性なので選択肢として繋ぎに使ってみるのも手だが
威力としては最低ランクである

説明文にあるスタンインパクトは既に存在しないスキルである


龍虎相搏
基礎威力185×2 Lv上昇15×2 L1<400> L12<730>
CT5.0 動作☆☆

初級鈍器2HITスキル
3種の中で最も攻撃範囲に秀で、前後に大き目の判定を持つ
威力、CT共に中間レベルだが取り回しとしてはそこそこ優秀

地味ではあるがどんな局面でも有効に働く良スキルである
牽制、繋ぎとしての用途であれば1振りでも十分


天地陰陽
基礎威力205×2 Lv上昇17×2 L1<444> L12<818>
CT6.5 動作☆☆

初級鈍器2HITスキル
そのうち最も破壊力に優れたスキル。伴いCTも長め
総合した使い勝手はかなり良好と言えるが
初段で相手を浮かせる効果がある為やや扱いづらい

汎用性にやや欠ける性能なのでコロシアムや名誉では使いにくい
スキルのCT稼ぎ的にはそこそこ優秀な部類


無影乱舞
基礎威力100×6 Lv上昇12×6 L1<672> L12<1464>
CT10.0 動作☆☆☆☆

6回連続攻撃。そこそこ広範囲に攻撃。最後の一段で押し出し効果
威力はそこそこだがタゲ数が他初級スキルと同じく3なので必須ではない

やはりウガウガとの相性が良好であるがアプデでCTが増加し弱体化
発動用スキルと割り切るのであれば1振りでも問題なし
ただし、初段強制KBが消えてしまったので威力によってはKBが取れない



<中級>

ブロックスプリント
基礎威力205×3 Lv上昇23×3 L1<684> L10<1305>
CT9.0 動作☆☆☆

だるま落としでブロックを3段飛ばす飛び道具
キャンセルでの硬直消しがしやすく、モーションの遅さはあまり気にならない
Slv単位の上昇量はあまり高くないが鈍器中級で最もCTが短い

累計威力ではシールドブーメラン以上だが
射程、硬直等でブーメランに劣る
CT稼ぎや殲滅用として使うと良い


シールドブーメラン
基礎威力380 Lv上昇80 L1<460> L10<1180>
CT10.0 動作☆

片手剣のものとほぼ同じだがSP消費がやや多く
分散係数が片手剣のものより0.2高いのが特徴
初動硬直共に短いが威力はそこそこあるため瞬間火力が出せる

片手のものとは同名別スキル扱いであり両方習得可能
鈍器は鈍器スキルから片手は片手スキルからしかキャンセルできない

[強化]スキルはそれぞれ対応した武器にしか効果がないので注意


グランドインパクト
基礎威力255×2 Lv上昇45×2 L1<600> L10<1410>
CT12.0 動作☆☆☆

2弾攻撃。威力は中級スキルだけに申し分がないのだが癖が強い

特徴として初動が遅めであり、浮かし~吹き飛ばし大と繋がる
浮かし~敵を凄まじい勢いで横に吹き飛ばすため
場合によっては使用を自重すること
コロシアム等で用いる場合間違っても壁から使わず
押し込む形で使うこと。物凄く散らばります

初段で高く浮かせる割に二段目の判定が小さく
空ぶることもしばしば


<上級>

パワースラム
基礎威力300×2+420 Lv上昇40×2+70 L1<1170> L8<2220>
CT12.0 動作☆☆☆

2段Hit突進で浮かせてから強打で軽く吹き飛ばす
浮かし部分は強制KBなので硬い敵を崩すのに役立つ
浮かしスキルではあるがそれほど高く浮かないために使いやすい
吹き飛ばし距離もPTで邪魔になるような性能ではない
単純に当てやすく高威力でCTも短めと非常に強い


ジャッジメント
基礎威力1900(+持続ダメージ) Lv上昇190(+持続ダメージ)
L1<2090> L10<3800(3990)>
CT60.0-Slv×2.0 動作☆☆☆☆☆

相手を結界で捕縛し、巨大な黄金鈍器で相手を叩き潰す
単発の威力としては聖最強ではあるが発生の遅さ、硬直の長さも最高
挙句に、5次の為に他スキルからキャンセルできない
にも関わらずそもそも単発なので殲滅力はお察し
発動~硬直終了までは3秒近くかかる
強みは高高度まで判定があるので下方から狙い撃ちができる点

全5次中最弱クラスのスキルであるにも関わらず
2012年のアップデートで最大タゲ数が10→6に下方修正され
大量の相手を一度に拘束するメリットすら劣化してしまった
ともあれ、後続が来るまでに安全に抱えられるスキルではあるのだが…

2013夏アップデートで必要コストが1になリ取りやすくなった
しかし、他5次スキルもコスト軽減されたので優先度は低め
鈍器単体+ブレス振りなら10振りする手もあり

持続ダメージ上昇は最小500+Slv×50 - 最大1000+Slv×100
威力の()内は闇鈍器で+1された威力

ハンマークラッシュ
基礎威力600+750 Lv上昇100+170 L1<1620> L10<4050>
CT60.0-Slv×2.0 動作☆☆

100㌧ハンマーを取り出し2回振り回す。
2段目で相手を大きく吹き飛ばす性質を持つ
初期攻撃力こそそこそこ程度だが、聖全スキル最高の伸び代を誇る
最終的な攻撃力はジャッジメントをも上回るスキル

ヒット数が少ない上にCTが長いという欠点もあるが
最大タゲ6+分散しない性質上、コロシアム等でも使えなくはない

5次扱いだが攻撃時間が短くキャンセル可能であり、使い勝手は最高峰である
最高Lv時、瞬間火力において聖のスキル内で頭一つぶち抜ける
しかし、最高Lvの習得には195Lvが必要でやや敷居が高い

ウガウガ発動~スラム~タイフーン~クラッシュ~ブーメラン
装備次第では500万程度のHPなら相手は即死する
パワーグラインドの追加やコスト軽減の影響でより強力になった
鈍器はホーリーブレスがないのでこのスキルのために
ブレスを習得するのも一つの手か




シールドクラッシュ
基礎威力400 Lv上昇180 L1<580> L8<1840>
CT30.0 動作☆☆

至近距離を盾で殴るDPスキル。命中すれば確定スタンで消費は10+Slv×30
Lvごとに0.5sずつスタン時間が増加する
しかしDPが自発的に溜められない仕様上、Lvを上げすぎると逆に使えなくなる
CTも笑えないLvで長いので扱いにくいスキルである(伸び代は大きいが)

ただし、確定スタンは大きいので1振り程度であれば取っておいても損はない
ブーメランと同じく片手剣のものとは別スキルであるが
こちらは分散が両方ともに2.7となっており、同一の性能である
片手剣のものと併用することでCTの長さをある程度はカバーできる


<最上級>

ハンマータイフーン
基礎威力210×6 Lv上昇30×6 L1<1440> L5<2160>
CT15.5 動作☆☆☆

鈍器を片手でグルグルとジャグリングさせる攻撃
某テ○ルズの円閃○とは関係がない
モーションもHit数も同じだけど関係ない。多分

タゲ4で6回も攻撃するために最大で24Hitする
攻撃力も然ることながら当然ウガウガとの相性も良い
性能が良好なので着火用、発動後スキル両面で使いやすい

プロフィール

量産型シールダー兵長

Author:量産型シールダー兵長
白熊「これ、食ってもいいかな?」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。